2016年07月21日

シャンゼリゼ通り界隈のお勧めレストラン☆

マイバス社からも程近いシャンゼリゼ界隈
落着いてランチができるレストランを開拓中見つけてまいりました
マイバス社の最寄駅1番線チュイリュリー駅から電車で3つ目、
フランクリン・ルーズベルト駅から徒歩数分。
五つ星ホテル・マリニャンの入口をくぐって正面にあるレストラン・ヌベです。

DSC_0423.JPG

キッチンを切り盛りするのはコロンビア出身の若手シェフ。
今年オーペンしたばかりのこちらのレストラン、
フランス料理に多国籍料理のエスプリを盛り込んだ料理が今大変注目されています
店内はゆったりしたソファと肘掛椅子、吹き抜けのように高い天井、
明るく広々としたモダンな空間が広がっています。
スタッフの皆さんはジーンズ生地のシャツに黒パンツというカジュアルな服装。
見渡すと、ビジネスマン風のお客様が数件、
ショッピングがてら立ち寄られたのであろう女性が2名、雰囲気はとてもカジュアル
Canopée Final - cFrançois Reinhart (5)bis.jpg
さてお料理。アミューズブッシュには
ホワイトアスパラガスとオリーブのクランブルのタラマソース添え。
とっても軽い口当たり、オリーブのクランブルはクルトンのような歯ざわりで
とてもとても美味。
DSC_0408.JPG
前菜はブダン・ノワール、ポップコーンと卵ソース。
ブダン・ノワールは豚の血・脂肪・玉ねぎからできているフランスの伝統的なソーセージ。
臭みは全く無く、卵のソースとポップコーンという異色の組み合わせがばっちりマッチしていて
とてもさわやかな口当たり。ブダン・ノワールに初めてトライするという方にもおすすめです。
DSC_0411.JPG
メインは仔牛のステーキの野菜添え。彩りのよい大胆な盛り付けに南国風のエスプリを感じます。
お肉もとっても柔らかくジューシーで、グリルされた野菜の香ばしさとの相性抜群。
野菜不足になりがちなフランス料理ですが、こちらでは野菜ももりもりいただける
というのもポイントです。
DSC_0415.JPG
デザートはメレンゲとフルーツサラダ。
DSC_0420.JPG
フランス料理にシェフのクリエイティブな発想で様々な国の味わいがミックスされ
どのお品もとてもオリジナル。店員さんもとても親切でした。
料金の目安は前菜15ユーロ〜、メイン25ユーロ〜、デザート15ユーロです。
観光地のど真ん中にいることなどすっかり忘れて、ゆったりとしたひと時が過ごせました。

更にJCBカードをご利用いただくと嬉しい割引もございます(詳細は下記)!
ぜひお得なJCB優待をご利用ください。

【JCB優待内容】
マイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、
または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、ご利用代金より10%引きになります。
http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007761-01-1606

※飲み物、セットメニューは除く。クリスマスなど優待の対象とならない特別日有り。
土・日は通常メニューではなく、ブランチになり、こちらも割引適用です

【レストラン情報】
店名:Restaurant NUBE レストラン・ヌベ
住所:HOTEL MARIGNAN, 12 RUE DE MARIGNAN 75008 PARIS / 電話:0140763456
営業時間:<ランチ>0:30PM〜2:00PM、<ディナー>7:00PM〜10:00PM 、<ブランチ>土・日曜11:30AM〜2:00PM
定休日:一部の祝日、日曜のディナー
交通:メトロ1・9号線「Franklin D. Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)駅」より徒歩約3分
ドレスコード:スマートカジュアル/要事前予約
※上の情報は、2016年7月上旬のものであり、営時状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。


posted by マイバス・フランス at 22:45| パリ ☁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

オトナ女子にお勧めのLIDOへ

「キャバレー」は男性向けの娯楽、そんなイメージ(私だけ??)を見事に払拭してくれるのが、シャンゼリゼ大通り沿いのLIDO。4ヶ月に渡る大々的な制作期間を経て、昨年4月2日よりリニューアルオープン致しました。その魅力をたっぷりとご紹介致します
この日はソワレ・シャンゼリゼのコースで予約。19時からのショーなので、30分前に到着。コートや大きい荷物はクロークに預け(有料)、席に案内されます。テーブル席は相席ですのでお手荷物は少ない方がスマートです。

さて気になるお席ですが、どこの席からも必ず良く見えるようなある仕掛けが・・・。お食事が終わり、ショー開始の時間になると、後方座席が一段ぐんと高く上昇し、舞台を見下ろせるようになっています! ドレスコードはスマートカジュアル。せっかくの機会なので、思い切りお洒落を楽しみむのもGOOD

1枚目.jpg

それでは、お食事の時間です。ソワレ・シャンゼリゼのコースは前菜・メイン・デザートそれぞれ2品から選択可能です。
厨房を司るシェフ総勢35名は皆、今をときめく料理人アラン・デュカスの講習を受けています。リドの方曰く「キャバレーの食事がイマイチ、という時代はもう終わり!リドでは美食も楽しんでもらえます!」と太鼓判を押していましたが、納得の美味しさです


お食事がスタートすると、それまでの青系の薄暗い照明がパッと明るくなり、舞台にはピアノ、ドラム、チューバ、コンガ、ビブラフォンが現れ、なんとそれらの自動演奏がスタート!ここで男性歌手が登場し、自動演奏をバックに世代毎のヒットソングのオンパレードその歌声がまた美しい・・・ついつい体がリズムをとってしまうような楽しい音楽を聴きながら、とてもリラックスした雰囲気でお料理を楽しめました。

5枚目.jpg

この見事な演奏に大盛り上がりの会場が、歌い手さんの「どうぞ舞台で歌に合わせて踊ってください!」という一声でボルテージは最高潮に!デザート前には、舞台は思い思いに踊るお客さんで埋め尽くされていました!ショーはまだ始まっていないのにこの盛り上がり様。この後は一体どんなことになってしまうんだろうと、期待で胸が高鳴ります


ドリンクショーでご予約の方はこの時に入場となります。撮影は食事中はOKですが、ショーが始まったら写真もビデオも一切禁止です。ショーの内容はネタばれにならない程度に、ざっくりとご案内いたします。

7枚目.jpg

舞台監督はフランコ・ドラゴン。歌手セリーヌ・ディオンのショーも手掛ける超一流の監督です。舞台ホールは機械室から全て一度取り壊して作り直し、歌手、ダンサーは再オーディションで選抜し直す徹底振り。リニューアル以前からのダンサーはほんの一握りなんだとか。歌手はThe Voiceというフランスの歌手選抜番組で決勝に勝ち進んだ実力派歌手マノンさん。(写真はLIDOよりご提供いただいた練習風景の様子です

ごく普通の一般女性が、妖精達によりLIDOの世界に誘われ、その世界に惹き込まれていく・・・というストーリーに沿って様々なスペクタクルが繰り広げられます。豪華絢爛な舞台セット、合計約200万粒のスワロフスキーのクリスタルが手縫いで散りばめられた輝かしい衣裳に、抜群のスタイルをもつ、選び抜かれたダンサー達の動きは芸術的で、息をのむ美しさ。幻想的で、妖艶で、アクロバティックでミステリアス。そんなクルクルと変わる「パリ」の表情にここでまた完全に魅了されてしまいました上半身一糸まとわぬ姿のダンサーがたくさん登場しますが、全くいやらしくないどころか、鍛え抜かれた抜群のプロポーション、かっこよくて溜息が出ました。

french cancan.jpg

ショーの中では、本物の、大迫力のフレンチカンカンも見られます!!リドでは見られないなんていうウワサもありますが、そんなことはありません!これには会場は感動の渦に包まれました!


可憐で、華やか、そして芸術的な LIDOはオトナ女子グループはもちろん、大人カップルにもお勧めです

お申し込みはこちらからどうぞ
http://mybus-europe.jp/mybus-jp/searchProducts.do?cityCode=PAR&parentCategory=Show&childCategory=Lido
posted by マイバス・フランス at 05:08| パリ ☁| Comment(0) | リド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

RESTAURANT DE L'HOTEL REGINA & BAR ANGLAIS (レストラン・ドゥ・ロテル・レジーナ&バー・アングレ)

去年4つ星から5つ星に格上げされた高級ホテル「レジーナ」。
今回はその「レジーナ」内にあるレストラン&バーをご紹介致します

regina1.png  

かわいらしい回転扉を押してホテルに入ると、天井の高い開放感のあるロビーと笑顔の素敵な受付スタッフが迎えてくれます。1900年、パリ万博の年に開業したこのホテルには、長い歴史を感じる木彫りの家具やシャンデリア、昔の郵便受けなど、タイムスリップしたような気分を味わえる個所があちらこちらにあります

レストランは、入ってすぐ正面にあり、内部はレストランのスペースとバーのスペースに別れています。お食事はどちらでもお好きなほうでお召し上がり頂けますのでスタッフにご希望をお伝えください。

regina4.png

レストランは白を基調としたテーブル席で、席数が多くなく、テーブル間も広くゆったりしているので、ゆっくりお食事を楽しみたい方におすすめ。お天気のいい日は外のテラスも利用できるそうです

regina5.png

バーのほうは、まさに「Bar Anglais/イギリス風バー」の店名通り、英国紳士が葉巻など燻らせていそうなシックで高級感を感じる雰囲気。(店内は禁煙です。)ざくろ色の肘掛け椅子や木目の美しい家具が格調高い大人の空間を演出しています。横では、フランス人ムッシューがリラックスして新聞を読んでいました

regina1.png

今回は、お食事をゆっくり味わえるようにとレストランスペースに案内して頂きました。
お食事は日本語メニューのご用意があります。(※翻訳中などご用意がない場合は英語対応となります。)

前菜に、「生春巻き&ヨーグルトのボール仕立てわさび風味」(16ユーロ)を注文。キュウリと人参のさっぱりした生春巻きに球状のソースが置かれています。黄色いお花もあしらわれていて、かわいいデコレーションです。上に乗ったソースを落とさないようにそっと口に運びます。ヨーグルトとわさびという珍しい組み合わせのソースがシンプルな春巻きのアクセントになっていました。上に添えられたさくさくのチップスと一緒に食べると、また食感が変わって楽しめます

regina2.png

regina3.png

とってもお肉が食べたい気分だったので、メインは「本日のビーフステーキ」(26ユーロ)を選択。日によって部位が異なるそうで、その日はあばら肉でした。肉加減はもちろん、お肉の美味しさを最大限に味わえるミディアムレアで!
期待していた通りの「THE•肉」が出てきました。大きさも20センチはありそうなボリューム!ナイフを入れると肉汁がじゅわーと滴ります。お肉はとっても柔らかく、味がしっかりするので、塩と胡椒だけのシンプルな味付けで十分大満足の一品でした。

付け合わせのじゃがいものピュレは、ねっとりとなめらかで、でもくどすぎず最後まで飽きずに楽しめるお味。お腹ぺこぺこだったのでどちらも完食しました。

regina6.png

デザートは「パンナコッタ 季節のフルーツ風味」(10ユーロ)。赤と白のかわいいデザートが、素敵なガラス容器に入ってサーブされます。ラズベリーの酸味とパンナコッタの優しい甘みが見事にマッチし、がっつりお肉を食べた後に調度良い、さっぱりとしたデザートでした

お飲み物は炭酸水の大瓶1本とコーヒーを注文しました。ご参考までにワインは1杯9ユーロ〜。ボトルは38ユーロ〜です。

以上の3品とお飲み物でお会計は70ユーロ。JCB優待で、お飲物を除く代金より10%引きになります。

フランスでは珍しくノンストップ営業なので、ランチとディナーの合間の時間帯でもお食事の注文が可能です。忙しい旅行者にはとても便利ですね

ルーブル美術館やオペラ界隈にも近い便利な立地なので、美術館散策やお買い物の合間のランチや休憩にもぴったり!また、大人な雰囲気のバーはビジネスの打ち合わせや商談にも使えそうです

ぜひお得なJCB優待をご利用ください。予約はマイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)または「たびらば」(Web予約)にて承っております。

【JCB優待内容】
JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、または「たびらば」(Web予約)を通してご予約のうえ、JCBカードでお支払いただくと、クーポン提示でご利用代金より10%引き。
※飲み物は除く。一部優待の対象とならない日時あり。他の優待との併用不可。
http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007273-01-1602 

【レストラン情報】
RESTAURANT DE L'HOTEL REGINA & BAR ANGLAIS
(レストラン・ドゥ・ロテル・レジーナ&バー・アングレ)
住所: 2 PLACE DES PYRAMIDES 75001 PARIS
電話番号: 01 4260 9034
営業時間:【レストラン】 正午〜11:00PM、 【 バー】 10:00AM〜0:00AM(深夜)
定休日: 無休
ドレスコード: スマートカジュアル
備考:お食事は日本語メニュー有り(翻訳時以外) 
交通手段: メトロ1号線「TUILERIES(チュイルリー) 駅」またはメトロ1号線、7号線「PALAIS ROYAL MUSEE DU LOUVRE(パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル)」より徒歩3分。メトロ7号線、14号線「PYRAMIDES (ピラミッド) 駅」より徒歩5分。

※上の内容は、2016年3月中旬の情報であり、ご利用の際は内容が異なる場合があります。また営業状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。

posted by マイバス・フランス at 18:32| パリ 🌁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

L'Ami Georges

ビストロL’ami Georgesに予約無しで行ってみました。この庶民派ビストロはオペラ座広場から4 SEPTEMBRE通りを400メートル程進んだ右手5番地にあります。この辺りは証券取引所からも徒歩圏内なので、ビジネスマンも多いエリア。店内は地元で働く人たちが集まる活気に溢れていました

1.jpg

赤い外観の店頭ではノルマンデイ産の牡蛎が並んでいていました。

奥のテーブルに着いて、印刷した「JCBたびらば優待ページ」を掲示すると、グラスになみなみと注がれたキールがサーブされました。お得感にテンションがあがります。お昼なので、ワインは注文せずに、これ一杯で通すことにしました。スタッフは皆気さくで親切です。

2.jpg

3.jpg

前菜に選んだ海のエスカルゴ=Bulots = バイ貝(EUR8.50)は、アイオリソースをつけていただくと、さっぱりしていて、キールにぴったり。食感があって楽しめます。

4.jpg5.jpg

メインは自家製鴨料理(EUR16.00)。肉汁が口の中で広がり、とてもやわらかく美味しいです。
味付けはあっさりめ。

6.jpg

ポテト、サラダ、パイ、パンも付いてきます。
かなりたっぷりの量で男性のお客様が多いのも納得です。

同行者はムール貝注文しました。ムール貝を注文するとフライドポテトがついてきます。ムール貝は白ワイン、フレッシュクリーム風味のどちらか選べます。(EUR15.50)
ブイヨン(スープ)が美味しいので手が止まりません。
フランス料理は重いものが多いので、旅の途中で軽めのものが欲しいときにはお勧めの一品です

7.jpg

デザートは迷わず「カフェ・グルマン」(EUR6.80)。 エスプレッソコーヒーに小さいデザートが付いてくるこの「カフェ・グルマン」は、いろいろな種類を食べたい方に人気です。この店では3つのミニケーキに3種のソースがかけてあり、とても食べ切れない・・と思いましたが、カスタードクリームが美味しく結局全部食べてしまいました

8.jpg

今回は黒板に書かれたお勧め料理を頼みましたが、通常のメニューは英・仏語で明記されています。
(英語OKのスタッフが親切に説明してくれます。)
前菜はシェア、メインを2品、カフェとカフェグルマンで合計EUR50ぐらいでした。
ノンストップ営業なので、遅めのランチも可能なとても便利なビストロです。
店内には大型テレビが設置してあり、夜はビールを飲みながら地元の方とスポーツ観戦できるかもしれません。わいわいと地元の雰囲気を楽しみたいリピーターの方にもお勧めです

【JCB優待内容】
下記のようなJCB優待サービスがあります。
レストランで優待クーポンをご提示いただくとアペリティフ(食前酒)を1杯サービス。
※優待クーポンは「たびらば(旅LOVER)-フランス-」のサイトから印刷できます。
 http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007278-01-1602

【レストラン情報】
ラミ・ジョルジュ/L'AMI GEORGES
所在地:5 RUE DU 4 SEPTEMBRE 75002 PARIS
電話番号: 0142974880
営業時間: 月〜金 7:00AM〜11:00PM/土・日・祝 11:00AM〜11:00PM
定休日:12/25
交通手段:メトロ3・7・8号線「OPERA(オペラ) 駅」より徒歩7分。または3号線「Quatre Septembre(キャトル・セプトンブル)駅」「Bourse(ブルス) 駅」より徒歩約2分
※上の内容は視察時の情報であり、ご利用の際は内容が異なる場合があります。
※上の情報は、2016年2月上旬のものであり、営時状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。

マイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)にてご予約を承ります。

posted by マイバス・フランス at 18:54| パリ | Comment(0) | マイバスからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

CAPUCINE(カプシーヌー)

今日はオペラ座とマドレーヌ寺院を繋ぐカプシーヌ大通りにお店を構える『カプシーヌ』をご紹介致します。
正面にオランピア劇場もあり、パリっ子達にとっては最高のロケーション。
ランチ時間12時30分過ぎる頃には、落ち着いた雰囲気の二階席は満席になっていました。
トータルで100席近いという広い店内は、テーブル間隔が程よく開いていて、周りの会話も気にならず、とても居心地のいいレストランです。
見渡すと、一人で気楽にランチを楽しんでいらっしゃる近所のサラリーマン風の人も。観光のお客様のみではなく、近くで働く会社員も、ビジネスランチとして利用している様子です。

photo 1.jpg

さて、日本語のメニューをお願いすると、愛想の良いスタッフが笑顔で持って来てくれました。
これなら日本から来られたお客様も安心してご注文できますね。
ちなみにスタッフは皆さん英語が話せます。

4人客が座れる大きなテーブルの他に、1、2人用のテーブルがあるので、少人数でも利用しやすいのが嬉しいところ。
店内が落着いて見えるのは、照明が程よくほの暗く、ここなら一人ランチもゆっくり楽しめそうです。

昼も夜もオーダーできるセット価格としては、「前菜 +メイン」または「メイン+ デザート」で18.90ユーロ。 飲み物は含まず。

photo 2.jpg

印刷されているメニューの他にも本日のお勧めが店内の黒板に書かれていますが、そちらは日本語表記がありません。ご希望の方はスタッフに英語でご確認くださいませ。

今回メインに注文したのは本日のおすすめの中からマグロのグリル。
「焼き加減はいかが致しましょうか?」と聞かれたので「表面だけにしてください。」とお願いしたら、期待通りの焼き加減、まさに『マグロのタタキ』で出てきてとっても美味でした。塩コショウも程よく、調味料を足す必要もなく完璧!
添えられてきたカボチャの揚げ物もほんのり甘くて、さっぱりしたマグロといい相性でした。

photo3.jpg

同行者のチョイスはトリュフ風味のタリアテッレ。

パスタの弱点は冷めるのが早い点ですが、こちらは鉄板に盛ってあるので、いつまでも熱々です!
お味見をさせて頂くと、しっかり効いたトリュフの風味が嬉しかったです。麺もアルデンテで絶品でした。

Photo 4.jpg

デザートに選んだのは、チョコレートのアントルメ。
軽いデザートを想像していると、大きなお皿にしっかり鎮座したものが登場して一瞬面食らってしまいました。
それでも食べてみると、それほど甘くなく、甘さも調度よく、繊細な日本人の口にも合うさっぱりとした美味しさでペロリと食べてしまいました。

Photo 5.jpg

同行者は定番クレームブリュレを注文。
フランスは乳製品が濃厚で風味があるので、日本から来られたお客様に大変好評です。
こちらも少し頂いてみましたが、表面のキャラメルがサクサクしていて程よく温かく、実に美味しかったです。
Photo 6.jpg

お会計は、お飲み物込みで、二人でEUR67.50でした。
お食事で60ユーロ以上になると、JCB優待クーポンご提示で、お会計時にお持ち帰り用ハーフボトルワインをプレゼントされます。
お土産にも、ホテルのお部屋でワイン片手にリラックスというのもフランス気分が盛り上がるるかもしれませんね!

マドレーヌ寺院、オペラ座の界隈で気軽に入れる美味しいレストランです。
是非ご利用になられてみてはいかがでしょうか。


【JCB優待内容】
JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、または「たびらば」(Web予約)を通してご予約のうえ、お食事でEUR60以上ご注文の方に、ハーフボトルワインを進呈。
※1テーブルにつき1本。

http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00001536-01-1507

【レストラン情報】
CAPUCINE(カプシーヌ)
所在地:39 BOULEVARD DES CAPUCINES 75002PARIS
電話番号: 0142611471
営業時間: 12:00〜24:30(ノンストップ営業)
定休日: 無休
備考:日本語メニュー有り(翻訳時以外) 、 事前予約必要
交通手段: メトロ3・7・8号線「OPERA(オペラ) 駅」より徒歩3分。

※上の内容は、2016年3月上旬の情報であり、ご利用の際は内容が異なる場合があります。また営業状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。
posted by マイバス・フランス at 22:04| パリ ☁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。