2010年08月18日

美しきシュノンソー城


マイバスツアーのなかでも、
今年に入って集客を増やしているのがロワールの古城巡りです。

ロワール地方には400を超えるお城があるそうですが、
そのうち一般公開されているお城は約80。
そのなかで人気No.1を誇るシュノンソー城を少しご紹介しましょう。


o0545040910621620229.jpg


ロワール川の支流シェール川をまたぐようにして建つ白い優雅な城館は、
水辺に羽を広げた白鳥に称えられるほど美しく、
フランス一美しいお城と形容されることもあります。

しかし、そんな美しさとは裏腹に、
実は愛と憎悪が渦巻いた奥方の城であることでも有名です。
初代城主から約400年間、
ずっと貴婦人たちが代々城主として君臨したことから、
別名、「6人の奥方たちの城」とも呼ばれてきました。


o0545040910645947927.jpg


そのなかでも、
アンリ2世の愛妾だった2番目の城主、ディアーヌ・ド・ポワティエと
アンリ2世の本妻カトリーヌ・ド・メディシスとの確執は有名です。
ディアーヌ・ド・ポワティエは、アンリ2世より約20歳も年上でしたが、
「美女のなかの美女と呼ばれるぐらい類をみない美貌で、
王の心をしっかりつつんでいました。


o0275040010648639612.jpg


一方の本妻のカトリーヌ・ド・メディシス。
イタリアの超お金持ちのメディシス(メディチ)家から、
わざわざ嫁いできたというのに、
若い旦那が20歳も年上の女にぞっこんじゃ、嫉妬して当然。


o0545040910645947922.jpg


アンリ2世が若くして没すると、
王妃カトリーヌは、ねちねちとディアーヌのいじめに入ります。
その究極が、ディアーヌが大好きだったこのお城を没収してしまうことでした。


こういうドロドロの裏話は、なかなかガイドブックにも書いていませんよね。
マイバスのツアーでしたら、日本語ガイドが、
楽しくおもしろく記憶に残るお話をしてくれます。


o0545040910645948890.jpg


ぜひ足をお運び下さい!!

ロワール古城巡りのツアー申込はこちらから

(S.K)


posted by マイバス・フランス at 23:48| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロワールの古城巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

ロワールのシャトーホテルに泊まる

ロワール古城巡り1日観光ではシャンボール城、シュノンソー城、そしてダ・ビンチの館クロリュセを訪れます。

せっかくここまで来たのにアンボワーズ城へ寄れないの?という人にお勧めなのがこのツアー。

1日観光の後、シャトーホテルに泊まってお城はもちろん、可愛いアンボワーズの街でおみやげ屋さんめぐりや散策を楽しんで頂けます。

夜はホテル内のロワール河を見下ろすレストラン「Le 36」で美味しいフランス料理を是非お試し下さい。

こじんまりしていて雰囲気は星付きレストランなみ、サービスも◎。
そのうえ値段も良心的。

ご宿泊のお客様に限り、予約もチェックイン時でOK。
また英語メニューもあるので安心です。

Photo 018.jpg


帰りは列車で移動ですが、アンボワーズ駅は小さいので戸惑う事なくパリまでお戻り頂けます。

ロワールの田園風景を眺めながらゆっくり旅するのも素敵ですよ。


ロワール古城巡り1泊2日

posted by マイバス・フランス at 01:46| パリ ☁| Comment(0) | ロワールの古城巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

フランスに残るダヴィンチの軌跡

パリから西へ約250km、ロワール渓谷沿いには中世の貴族の城がいくつも点在しています。

なかでも代々女性が城主を勤めてきたシュノンソー城や、見事な左右対称美を誇るロワール地方最大のシャンボール城が有名です。

そのうちシャンボール城の設計にルネサンスの天才ダヴィンチが関わっていたと言われています。

実際にどうだったかは定かではないそうですが、中央の2つの塔の螺旋階段の仕組みは彼のなせる業です。

他にも、ロワールにはダヴィンチの軌跡が残されています。

アンボワーズにあるクロリュセという貴族の館は、実際に彼が晩年を過ごしたところ。当時はフランスよりイタリアが文化的には進んでいたので、フランス国王フランソワ1世に招かれてやってきたのです。

庭には、有名な彼の発明の数々が復元されています。

ヘリコプターや飛行機は今から考えても原理的には素晴らしい発想です。

フランスの緑と古城に囲まれて、遠く昔の貴族の暮らしやダヴィンチの感性の鋭さに触れてみるのも面白いものです。

パリのオステルリッツ駅からアンボワーズまではフランス国鉄で約2時間半です。

また、クロリュセを含めた古城3ヶ所をめぐるパリ発の日帰りツアーも便利です。

ロワール地方の城巡り(昼食・ロワールワイン試飲つき)
大人145ユーロ 子供105ユーロ


▼クロリュセ
IMG_0734.JPG
posted by マイバス・フランス at 00:06| パリ ☁| Comment(0) | ロワールの古城巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。