2016年09月03日

このJCB優待はすごい・・・。レストラン「LAURENT」

マイバス内JCBプラザスタッフよりレポートをお送り致します。

<感動ポイント・立地と雰囲気>
シャンゼリゼ通りを凱旋門を背にしコンコルド広場方面に進むと、両側に小さな森のような公園があります。本日は左手の公園に隣接する貴族の館レストラン「LAURENT」にJCBスペシャルメニュー(ディナー)を試食しに行ってきました。ミシュラン一つ星です。

レストランは公園を背中に入り口はGABRIEL大通りに面しています。シャンゼリゼから一本北に入っただけなのに、この静けさ、この佇まい、このシックな高級感。それもそのはず、大統領官邸(エリゼ宮)がすぐそこです。
IMG_20160809_184622.jpg

IMG_20160809_184849.jpg

IMG_20160809_192851.jpg

ちょっと緊張しながら瀟洒な洋館のドアを開けると、スタッフが笑顔で迎えてくれました。名前を言うと「JCBからの予約ですね」と確認され、まっすぐ奥のテラス席に案内されました。緑とお花とパラソルと太陽。隠し切れない喜びを抑えながら、カバンを椅子の後ろに置くと、すかさず「こちらをどうぞ」と足元に「カバン置き」を用意してくれました。盗難の多いパリでは、テラス席ではいつもカバンに注意を払う必要がありますが、ここは緑で囲まれたプライベートなお庭なので、カバンも下に置いて、完全にリラックス出来ます。

<感動ポイント・美味しい料理>
さてテーブルに置かれたメニューを開くと日本語の「JCBディナーメニュー」が。運ばれたアミューズをいただきながら、ゆっくり吟味します。
食が細い私は、前菜に店の方が「当店のスペシャリテ」とおすすめ下さった『アーティチョーク・夏のトリュフ』と、メインは『カニ脚のむき身・レモンバターソース』と軽めの料理を選びました。
ひと口大のアーティチョークはとても柔らかく、薄切りのトリュフと、添えられている生ハムと一緒に口に入れてみたところ、塩気がなんとも優雅な按配でした。「夏」を感じる爽やかな一品。

メインのカニは、単純なレモンバター味だからこそ素材の良さが際立ちます。ソムリエ厳選の白ワインとの組み合わせで至福の一品。
デザートは『アプリコットのスフレ』を。

IMG_20160809_200348.jpg

IMG_20160809_204143.jpg

IMG_20160809_222741.jpg

華奢なのにしっかり食べたい同行者は『鴨フォアグラのポワレ』と『鳩肉スモークロースト』に挑戦。デザートは『出来立てバニラアイスクリーム』を。鳩を一口味見させてもらいました。焼き加減をレアで注文していた同行者。おそるおそる口にすると、スモークが利いていて、臭みが全くありません。こういうのを職人技というのでしょうか。ここでは「フランス料理を食べた」感を満喫できること、間違いないようです。

IMG_20160809_200419.jpg

IMG_20160809_204211.jpg

IMG_20160809_222753.jpg

<感動ポイント・ワイン>
ワインは、「JCBスペシャルメニュー」におひとり様あたりハーフボトル、つまり二人連れの場合はボトル1本がつきます。まずソムリエから赤か白かを問われます。私達は選んだメインが「鳩」と「カニ」だったことから決めかねて、「両方少しずつ」とお願いしたところ、きちんと料理に合わせたワインをグラス2杯ずつ(前菜で1杯、メインで1杯)サーブしてくれました。繊細で絶妙なマリアージュになんども唸ってしまいました。プロの仕事です。満足しました。

<感動ポイント・スタッフの気配り>
前菜が終わった頃合に、スタッフから「お寒くないですか」のお声が。そういえば、日も落ちてテラス席もすこ〜し肌寒くなってきました。カーディガンを持ってきてはいましたがパリの夜は思ったよりも冷え込みます。正直に「寒い」と伝えると、なんとショールを持ってきてくれる気の利きようです。写真も撮ってくれたり、スタッフ皆が丁寧かつフレンドリーで、まるで何度も来たことがあるような居心地の良さを提供してくれます。

<感動ポイント・料金>
ところで今日のJCBメニューは全部込みで150ユーロ。
もしJCBメニューではなくアラカルトで注文するとどうなるか、検証してみました。
アーティチョーク=63ユーロ、
カニ=74ユーロ、
スフレ=33ユーロ、
コーヒーと小菓子=8ユーロ、
ここまでの料理合計178ユーロ。
これにグラスワイン3杯飲みました。ミネラルウォーターと最後にハーブティーも飲みました。星付きだと水もグラスワインも安くはないから、え〜と・・・・、え!?JCBメニュー150ユーロってものすご〜く、お得じゃないですか!!!!!
値段の心配することなく、心の底からゆっくり寛いで、話も弾みます。
テラス席に付き物の虫もなんのその、間違いなく素敵なディナー、でした。
心からおすすめいたします。

IMG_20160809_230059.jpg

IMG_20160809_231057.jpg


※上記は2016年8月31日現在のレポートです。メニュー内容や料金は予告なく変更になる事があります。

【JCB優待内容】
JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター、または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、EUR150のスペシャルディナーメニューをご利用いただけます。

 <EUR150スペシャルディナーメニュー>前菜/メイン/デザート/ハーフボトルのワイン/ハーフボトルの ミネラルウォーター/コーヒーまたは紅茶(小菓子付き)。
※一部スペシャルメニューの対象とならない日時あり。メニュー内容は季節により変更あり。JCBスペシャルメニューはディナーのみ。

laurent.png
posted by マイバス・フランス at 00:46| パリ | Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

シャンゼリゼ通り界隈のお勧めレストラン☆

マイバス社からも程近いシャンゼリゼ界隈
落着いてランチができるレストランを開拓中見つけてまいりました
マイバス社の最寄駅1番線チュイリュリー駅から電車で3つ目、
フランクリン・ルーズベルト駅から徒歩数分。
五つ星ホテル・マリニャンの入口をくぐって正面にあるレストラン・ヌベです。

DSC_0423.JPG

キッチンを切り盛りするのはコロンビア出身の若手シェフ。
今年オーペンしたばかりのこちらのレストラン、
フランス料理に多国籍料理のエスプリを盛り込んだ料理が今大変注目されています
店内はゆったりしたソファと肘掛椅子、吹き抜けのように高い天井、
明るく広々としたモダンな空間が広がっています。
スタッフの皆さんはジーンズ生地のシャツに黒パンツというカジュアルな服装。
見渡すと、ビジネスマン風のお客様が数件、
ショッピングがてら立ち寄られたのであろう女性が2名、雰囲気はとてもカジュアル
Canopée Final - cFrançois Reinhart (5)bis.jpg
さてお料理。アミューズブッシュには
ホワイトアスパラガスとオリーブのクランブルのタラマソース添え。
とっても軽い口当たり、オリーブのクランブルはクルトンのような歯ざわりで
とてもとても美味。
DSC_0408.JPG
前菜はブダン・ノワール、ポップコーンと卵ソース。
ブダン・ノワールは豚の血・脂肪・玉ねぎからできているフランスの伝統的なソーセージ。
臭みは全く無く、卵のソースとポップコーンという異色の組み合わせがばっちりマッチしていて
とてもさわやかな口当たり。ブダン・ノワールに初めてトライするという方にもおすすめです。
DSC_0411.JPG
メインは仔牛のステーキの野菜添え。彩りのよい大胆な盛り付けに南国風のエスプリを感じます。
お肉もとっても柔らかくジューシーで、グリルされた野菜の香ばしさとの相性抜群。
野菜不足になりがちなフランス料理ですが、こちらでは野菜ももりもりいただける
というのもポイントです。
DSC_0415.JPG
デザートはメレンゲとフルーツサラダ。
DSC_0420.JPG
フランス料理にシェフのクリエイティブな発想で様々な国の味わいがミックスされ
どのお品もとてもオリジナル。店員さんもとても親切でした。
料金の目安は前菜15ユーロ〜、メイン25ユーロ〜、デザート15ユーロです。
観光地のど真ん中にいることなどすっかり忘れて、ゆったりとしたひと時が過ごせました。

更にJCBカードをご利用いただくと嬉しい割引もございます(詳細は下記)!
ぜひお得なJCB優待をご利用ください。

【JCB優待内容】
マイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、
または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、ご利用代金より10%引きになります。
http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007761-01-1606

※飲み物、セットメニューは除く。クリスマスなど優待の対象とならない特別日有り。
土・日は通常メニューではなく、ブランチになり、こちらも割引適用です

【レストラン情報】
店名:Restaurant NUBE レストラン・ヌベ
住所:HOTEL MARIGNAN, 12 RUE DE MARIGNAN 75008 PARIS / 電話:0140763456
営業時間:<ランチ>0:30PM〜2:00PM、<ディナー>7:00PM〜10:00PM 、<ブランチ>土・日曜11:30AM〜2:00PM
定休日:一部の祝日、日曜のディナー
交通:メトロ1・9号線「Franklin D. Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)駅」より徒歩約3分
ドレスコード:スマートカジュアル/要事前予約
※上の情報は、2016年7月上旬のものであり、営時状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。
posted by マイバス・フランス at 22:45| パリ ☁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

RESTAURANT DE L'HOTEL REGINA & BAR ANGLAIS (レストラン・ドゥ・ロテル・レジーナ&バー・アングレ)

去年4つ星から5つ星に格上げされた高級ホテル「レジーナ」。
今回はその「レジーナ」内にあるレストラン&バーをご紹介致します

regina1.png  

かわいらしい回転扉を押してホテルに入ると、天井の高い開放感のあるロビーと笑顔の素敵な受付スタッフが迎えてくれます。1900年、パリ万博の年に開業したこのホテルには、長い歴史を感じる木彫りの家具やシャンデリア、昔の郵便受けなど、タイムスリップしたような気分を味わえる個所があちらこちらにあります

レストランは、入ってすぐ正面にあり、内部はレストランのスペースとバーのスペースに別れています。お食事はどちらでもお好きなほうでお召し上がり頂けますのでスタッフにご希望をお伝えください。

regina4.png

レストランは白を基調としたテーブル席で、席数が多くなく、テーブル間も広くゆったりしているので、ゆっくりお食事を楽しみたい方におすすめ。お天気のいい日は外のテラスも利用できるそうです

regina5.png

バーのほうは、まさに「Bar Anglais/イギリス風バー」の店名通り、英国紳士が葉巻など燻らせていそうなシックで高級感を感じる雰囲気。(店内は禁煙です。)ざくろ色の肘掛け椅子や木目の美しい家具が格調高い大人の空間を演出しています。横では、フランス人ムッシューがリラックスして新聞を読んでいました

regina1.png

今回は、お食事をゆっくり味わえるようにとレストランスペースに案内して頂きました。
お食事は日本語メニューのご用意があります。(※翻訳中などご用意がない場合は英語対応となります。)

前菜に、「生春巻き&ヨーグルトのボール仕立てわさび風味」(16ユーロ)を注文。キュウリと人参のさっぱりした生春巻きに球状のソースが置かれています。黄色いお花もあしらわれていて、かわいいデコレーションです。上に乗ったソースを落とさないようにそっと口に運びます。ヨーグルトとわさびという珍しい組み合わせのソースがシンプルな春巻きのアクセントになっていました。上に添えられたさくさくのチップスと一緒に食べると、また食感が変わって楽しめます

regina2.png

regina3.png

とってもお肉が食べたい気分だったので、メインは「本日のビーフステーキ」(26ユーロ)を選択。日によって部位が異なるそうで、その日はあばら肉でした。肉加減はもちろん、お肉の美味しさを最大限に味わえるミディアムレアで!
期待していた通りの「THE•肉」が出てきました。大きさも20センチはありそうなボリューム!ナイフを入れると肉汁がじゅわーと滴ります。お肉はとっても柔らかく、味がしっかりするので、塩と胡椒だけのシンプルな味付けで十分大満足の一品でした。

付け合わせのじゃがいものピュレは、ねっとりとなめらかで、でもくどすぎず最後まで飽きずに楽しめるお味。お腹ぺこぺこだったのでどちらも完食しました。

regina6.png

デザートは「パンナコッタ 季節のフルーツ風味」(10ユーロ)。赤と白のかわいいデザートが、素敵なガラス容器に入ってサーブされます。ラズベリーの酸味とパンナコッタの優しい甘みが見事にマッチし、がっつりお肉を食べた後に調度良い、さっぱりとしたデザートでした

お飲み物は炭酸水の大瓶1本とコーヒーを注文しました。ご参考までにワインは1杯9ユーロ〜。ボトルは38ユーロ〜です。

以上の3品とお飲み物でお会計は70ユーロ。JCB優待で、お飲物を除く代金より10%引きになります。

フランスでは珍しくノンストップ営業なので、ランチとディナーの合間の時間帯でもお食事の注文が可能です。忙しい旅行者にはとても便利ですね

ルーブル美術館やオペラ界隈にも近い便利な立地なので、美術館散策やお買い物の合間のランチや休憩にもぴったり!また、大人な雰囲気のバーはビジネスの打ち合わせや商談にも使えそうです

ぜひお得なJCB優待をご利用ください。予約はマイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)または「たびらば」(Web予約)にて承っております。

【JCB優待内容】
JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、または「たびらば」(Web予約)を通してご予約のうえ、JCBカードでお支払いただくと、クーポン提示でご利用代金より10%引き。
※飲み物は除く。一部優待の対象とならない日時あり。他の優待との併用不可。
http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007273-01-1602 

【レストラン情報】
RESTAURANT DE L'HOTEL REGINA & BAR ANGLAIS
(レストラン・ドゥ・ロテル・レジーナ&バー・アングレ)
住所: 2 PLACE DES PYRAMIDES 75001 PARIS
電話番号: 01 4260 9034
営業時間:【レストラン】 正午〜11:00PM、 【 バー】 10:00AM〜0:00AM(深夜)
定休日: 無休
ドレスコード: スマートカジュアル
備考:お食事は日本語メニュー有り(翻訳時以外) 
交通手段: メトロ1号線「TUILERIES(チュイルリー) 駅」またはメトロ1号線、7号線「PALAIS ROYAL MUSEE DU LOUVRE(パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル)」より徒歩3分。メトロ7号線、14号線「PYRAMIDES (ピラミッド) 駅」より徒歩5分。

※上の内容は、2016年3月中旬の情報であり、ご利用の際は内容が異なる場合があります。また営業状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。

posted by マイバス・フランス at 18:32| パリ 🌁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。