2012年07月14日

7月14日 パリ祭

こちらでは「Quatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれているパリ祭。

毎年、この日は朝からシャンゼリゼ通りで大統領主席の軍事パレードや
空軍による演技飛行が執り行われます。

フランス革命の発端ともいえる象徴的な出来事、バスチーユ監獄が襲撃されたのが7月14日でした。

尚、フランス語でbastille(バスチーユ)とは地名ではなく、「要塞」の意味。

当時、主要な政治犯が収容されていたと言われるこの監獄ですが、1789年の襲撃時、実際は政治犯でも何でもない年老いた囚人が7人が居ただけだったそうです。

この監獄は服装も自由、図書館や遊戯室もあり、囚人が病気になった際には国王の侍医が診察するなど、非常に待遇の良い監獄だったようです。ここは当時、武器の倉庫となっていた為襲撃されたとも言われています。

この出来事をきっかけに各地で暴動が起こり、1792年に王政廃止、そして共和政府が誕生します。

そしてついにその翌年の1月にルイ16世が、そして10月にはマリーアントワネットがコンコルド広場(革命広場)で処刑されてしまいます。

映画「マリーアントワネット」(2006年ソフィア・コッポラ作)では彼女がどれほど贅沢三昧の生活を送っていたかが良く伺えます。

彼女にまつわる有名な逸話で、パンが食べられないという民衆に「菓子パン(Viennoiseries)を食べればいいじゃないの」と云ったとか。

菓子パンではなく、ケーキと訳したり、いやいやブリオッシュだ、とかいろんな説がありますが、オーストリア生まれの彼女だから恐らくヴィノワズリー(ウィーン菓子)なのではと思いますが、どうでしょうか・・・

*ちなみにこの映画ではマカロンで有名なラ・デュレがスイーツを監修しています。

シテ島にあるコンシェルジュリーでは彼女が最期の日々を過ごした独房も見学できます。

興味のある方は隣接するパリ最古のステンドグラスが素晴しい、サント・シャペルと一緒にどうぞ。

少し話が逸れましたが・・・

パリ祭の締めはやはりエッフェル塔に花火!

パリ以外でも7月13日、14日はいろんな町で花火大会が予定されています。

花火自体は少し迫力が欠けるように思いますが、音楽や照明のアレンジなどもあり日本とはまた少し違った趣で楽しめると思います。

IMG_0787.JPG

見学予定の方は人出が多いのでスリにはくれぐれもご注意下さい。

(C.T.)

posted by マイバス・フランス at 00:00| パリ ☁| Comment(0) | パリ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

パリのお勧めエステ ~ASSA~


皆様方にとって「バカンス」から連想されるキーワード・・・っていったいどのようなものでしょうか。

「お休み」「安らぎ」「ゆったり感」・・・といったものだと思いますが、例えば皆様方が日本からバカンスでパリにいらっしゃったとします。観光、グルメ、ショッピング等々、パリの魅力は尽きることがなく、かつ、時間にも限りがない訳ではないので・・・自ずと「お急ぎモード」になっている自分に気が付いたりする。そして(これは残念ながら決して忘れてはいけないこと)パリはパリで日本のように常に物事がうまく進むことは決してなく・・・といったストレスフルな部分もこのパリが併せ持つことは、最早よく知られた事実な訳です。

そんな中・・・例えば「今日沢山歩いたから明日のために体(もしくは足)をリセットしたい」、「明日のフライトの前に旅の疲れをすっかり取ってしまいたい」といった方々に本当に自信を持ってお勧めできるお店(パリで唯一の指圧専門店)を見つけましたので早速ご紹介をさせて頂きます。

場所は6区、サンジェルマンの通りからひとつ奥に入ったところ、ごくごく入り口は細く、中に入った瞬間、奥に続く葵の暖簾とともに静謐な空間が広がり、どこか京都の町屋を思わせる光景です。

0.JPG

そしてどこからともなく香るアロマのかおり。そうそう、フランスのこういったサロンに入るとアロマがきつい・・・ということが多々ありますが、ここはあくまでも上品で、こういったところも繊細な日本人の五感に訴えるものがあるように思います。そしてそう、そのアロマは今パリで話題のSHIGETAのもの(「デトックス」「リラックス」「サーキュレーション(血行)」の3種類からチョイスします)。

2.JPG

そして施術の前に「アレルギーはありますか」等々の質問の答えをアンケート用紙に記入、受付の日本人女性(オーナーの平川麻理子さん)のそれを元にした丁寧なアドバイス・・・何事にもしっかりとして安心できるといった印象です。

~5508514.JPG

今回私が選んだのは45分間のボディマッサージ。日本人男性の施術師(男性/女性の指定は予約時に可能)から頂いた草履に履き替え、細長い回廊を通り個室(計3室。内2室をコネクティングにして2人同時施術も可能)に向かい、心地よいオーガニックコットンのガウンに着替え、いよいよマッサージの開始です。そうそう、個室内もほのかなアロマのかおりが漂っています。

1.JPG

男性の施術師に抵抗がある方もいらっしゃるとは思いますが、彼のマッサージは「ダイナミックさと繊細さ」が交互にやってくるといった感じで、フランスのこういったサロンに行くと撫でられているだけでガッカリ、といった方も多いのではないかと思いますが、日本の指圧の技術もしっかりと押さえ(パリで唯一の指圧サロンの面目発揮といったところでしょうか)、かつ、アロマでリラックス効果も期待できるということで(私はリラックスアロマを選択しました)、施術の3/4を過ぎた頃でしょうか、首元にあてるための熱いタオルを適温にするために彼が「パン、パン」と柔らかく宙に叩くのですが、その瞬間、タオルのアロマが漂い始め、そのタオルを首元にあてられた瞬間から、小雨の音が聞こえ始め・・・ここはパリか京都の町屋か、恥ずかしながら私には記憶がありません。。。

オーナーの平川麻理子さんのお話によると、顧客にはフランス内外の著名人(女優のクリスティン・スコット・トーマス、エマニュエル・セニエ、エルメスのデザイナーことクリストフ・ルメール等々)、錚々たる名前が並びます。オールスタッフ日本人による確かな技術と、今、世界でもようやく評価されてきた日本の「おもてなし」がフランスの方々にも評価されてきているのでしょう。パリでの「バカンス」にお疲れの皆様、ぜひともご利用になられてはいかがでしょうか。

4.JPG


※マイバス内カードデスク(平日9〜18時)でもご予約代行を承っております。
マイバスにお越しの際は、カードデスクまでお声かけ下さい。
(マイバスのカウンターでは受付はしておりませんのでご了承ください。)


指圧を専門としたマッサージ・サロン、「麻」(ASSA)
8 rue Christine 75006 Paris TEL 01 46 34 59 08
www.assa-spa.fr

指圧 45分、80€〜  /  リフレ 30分、50€〜
営業日:火曜日〜日曜日  11時〜21時(最終受付20時)
posted by マイバス・フランス at 23:31| パリ ☁| Comment(0) | パリ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

週末の過ごし方

友人から入場券を貰ったので先日「Festival de jeux(遊びのフェスティバル)」へ行ってきました。

きっと子供向けなんだろうなあ、と思っていたら・・・

大人の方が断然多くて驚きました。

ありとあらゆる種類のゲーム(主にカード)が置いてあり、好きなゲームで好きなだけ遊ぼう、という趣向らしいです。

Photo 009.jpg

木製のゲームもあって大人も子供も歓声を上げて楽しんでました。

Photo 008.jpg

説明書を読んでると、直ぐにスタッフが側に来て親切に教えてくれます。

カフェや屋台もあって、生ビールを片手に一日カードゲームに明け暮れる。

何処へ行かずとも、パリで、そしてたったの5ユーロで週末2日間遊べてしまう。

さすが余暇の国、フランスだなあと思いました。

一応、販売スタンドもありましたが、「買わなくてもこっちで遊べるよ!」って、

全く商売っ気が無くて、かえって心配になった・・・そんな1日でした。

Photo 018.jpg

(C.T.)
posted by マイバス・フランス at 22:39| パリ | Comment(0) | パリ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。