2016年07月21日

シャンゼリゼ通り界隈のお勧めレストラン☆

マイバス社からも程近いシャンゼリゼ界隈
落着いてランチができるレストランを開拓中見つけてまいりました
マイバス社の最寄駅1番線チュイリュリー駅から電車で3つ目、
フランクリン・ルーズベルト駅から徒歩数分。
五つ星ホテル・マリニャンの入口をくぐって正面にあるレストラン・ヌベです。

DSC_0423.JPG

キッチンを切り盛りするのはコロンビア出身の若手シェフ。
今年オーペンしたばかりのこちらのレストラン、
フランス料理に多国籍料理のエスプリを盛り込んだ料理が今大変注目されています
店内はゆったりしたソファと肘掛椅子、吹き抜けのように高い天井、
明るく広々としたモダンな空間が広がっています。
スタッフの皆さんはジーンズ生地のシャツに黒パンツというカジュアルな服装。
見渡すと、ビジネスマン風のお客様が数件、
ショッピングがてら立ち寄られたのであろう女性が2名、雰囲気はとてもカジュアル
Canopée Final - cFrançois Reinhart (5)bis.jpg
さてお料理。アミューズブッシュには
ホワイトアスパラガスとオリーブのクランブルのタラマソース添え。
とっても軽い口当たり、オリーブのクランブルはクルトンのような歯ざわりで
とてもとても美味。
DSC_0408.JPG
前菜はブダン・ノワール、ポップコーンと卵ソース。
ブダン・ノワールは豚の血・脂肪・玉ねぎからできているフランスの伝統的なソーセージ。
臭みは全く無く、卵のソースとポップコーンという異色の組み合わせがばっちりマッチしていて
とてもさわやかな口当たり。ブダン・ノワールに初めてトライするという方にもおすすめです。
DSC_0411.JPG
メインは仔牛のステーキの野菜添え。彩りのよい大胆な盛り付けに南国風のエスプリを感じます。
お肉もとっても柔らかくジューシーで、グリルされた野菜の香ばしさとの相性抜群。
野菜不足になりがちなフランス料理ですが、こちらでは野菜ももりもりいただける
というのもポイントです。
DSC_0415.JPG
デザートはメレンゲとフルーツサラダ。
DSC_0420.JPG
フランス料理にシェフのクリエイティブな発想で様々な国の味わいがミックスされ
どのお品もとてもオリジナル。店員さんもとても親切でした。
料金の目安は前菜15ユーロ〜、メイン25ユーロ〜、デザート15ユーロです。
観光地のど真ん中にいることなどすっかり忘れて、ゆったりとしたひと時が過ごせました。

更にJCBカードをご利用いただくと嬉しい割引もございます(詳細は下記)!
ぜひお得なJCB優待をご利用ください。

【JCB優待内容】
マイバス内JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)、
または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、ご利用代金より10%引きになります。
http://tabilover.jcb.jp/ticket/shop.php?cd=A-00007761-01-1606

※飲み物、セットメニューは除く。クリスマスなど優待の対象とならない特別日有り。
土・日は通常メニューではなく、ブランチになり、こちらも割引適用です

【レストラン情報】
店名:Restaurant NUBE レストラン・ヌベ
住所:HOTEL MARIGNAN, 12 RUE DE MARIGNAN 75008 PARIS / 電話:0140763456
営業時間:<ランチ>0:30PM〜2:00PM、<ディナー>7:00PM〜10:00PM 、<ブランチ>土・日曜11:30AM〜2:00PM
定休日:一部の祝日、日曜のディナー
交通:メトロ1・9号線「Franklin D. Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)駅」より徒歩約3分
ドレスコード:スマートカジュアル/要事前予約
※上の情報は、2016年7月上旬のものであり、営時状況や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。


posted by マイバス・フランス at 22:45| パリ ☁| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。