2010年10月16日

モンサンミッシェルへ行くなら遺書?

「西洋の驚異」と呼ばれるノルマンディ地方のこの小島は現在、年間3百万人以上の
観光客が訪れるといわれています。

オベール司教が夢のお告げを聞いてここに修道院を建てた不思議な話も有名ですが、
モンサンミッシェルは潮の満ち引きの差が最大15メートル以上にもなり、ヨーロッパでも
干満差が最も激しい所。まさに自然の「驚異」を感じさせる場所です。

その昔、ケルトの時代から「墓の山」と呼ばれ、またカトリックの巡礼地として栄えた
頃も、「モンサンミッシェルに行くなら遺書をおいていけ」という言い伝えもあった
そうです。

また、中世の様々な建築様式が混ざりあい、とても幻想的な雰囲気を味わえるのも
モンサンミッシェルの魅力の一つです。

マイバスの日帰りツアーはガイド・昼食付コース、または自由時間たっぷりの
フリーコース、そしてライトアップされた神秘的な夜のモンサンミッシェルを
ご堪能頂ける1泊2日コース、3つのプランをご用意しております。

IMG_0598.JPG

遺書無しでお越し下さい!

(C.T.)



posted by マイバス・フランス at 00:58| パリ ☁| Comment(0) | モンサンミッシェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。