2009年08月05日

パリでレバノン料理

レバノンという国をご存知ですか?

中東はイスラエルの北方に国境を接した国。周辺のシリアやヨルダンとともに古くから高度な文明が栄え、その名残はいまでもバールベック神殿などで見ることができます。

残念ながら、内戦等の事情があり日本人にとってはまだ馴染みの薄い国ですが、その首都ベイルートは「中東のパリ」と称されるほど美しい街です。

もうひとつレバノンで忘れてはならないのは食事。なかなか美味です。

パリでも美味しいレバノン料理が食べられるレストランがあります。

Noura Marceau(ヌラ・マルソー)
27 Av.Marceau(シャンゼリゼ界隈)

年中無休で昼から夜までノンストップサービスなのもうれしいところ
Nouraというレストランは老舗で市内に数店舗あります。レバノン料理のなかではお洒落なお店です。

前菜6種盛り合わせ(女性なら1皿で十分かも)
090804_192819.jpg


ラベル:パリ レストラン
posted by マイバス・フランス at 18:32| パリ | Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。