2016年09月30日

オペラ界隈で少し贅沢な気分が味わえるレストラン

パリのど真ん中、オペラ座からまっすぐのびたメインストリート・オペラ大通り沿いにあるモダンでシックな4つ星ホテル『EDWARD 7』に併設されたレストランでJCBスペシャルディナーメニューをいただいて来ました。ED7.jpg

夜のサービスが始まる19時ぴったりに伺いましたが、一番乗りでも快く迎えてくれ、JCBの予約確認書を見せるとすぐに席に案内されました。中に入ると、驚くほど静かで落ち着いていて、都会の喧騒を忘れさせてくれる大人の空間となっており、キャンドルでライトアップされた各テーブルはエレガントな雰囲気です。さすが、パリでも名の知れた高級ホテルだけあって、優雅な大人の気分になります。
ED72.jpg

今回スタッフがいただいたJCBスペシャルディナーメニューは、本日の前菜+メイン+デザートの3皿に飲み物がついており(50ユーロ)、「世界のお料理」がテーマです。今月のテーマはポルトガル料理でした。こちらのテーマは定期的に変わるようですので、要チェックですね !

まずは前菜です。「ポルトガルビーンズとツナのサラダ」
こちらの豆はポルトガル独特の豆だそうです。確かにフランスによくある白いんげん豆とは全く違って、食感はさくさく、口当たりもかるい感じで、バルサミコ酢がアクセントになっていてとても気に入りました。こういう食感の豆は食べたことがなかったので、お家でもぜひ真似してみたいと思う食材でした。
ED73.jpg

続いてメインは、ポルトガルの代表的な「ポルトガル風たらの料理」。
ポルトガル料理では塩漬けの乾燥たらを水で戻してから料理します。こちらのたらは塩加減が絶妙で、千切りされたジャガイモと卵で優しくソテーされており、ドライトマト入りタプナードが軽い酸味のアクセントとなって、とても美味しかったです。今まで食べたものだと、塩が利きすぎていることが多かったので、この繊細な味嬉しい発見になりました。
ED74.jpg

最後のデザートは「ポルトガル風ミルクプリン」
デザートはワゴンでのサービスでした。大きなプリンを目の前で切り分けてくれました。こちらも甘すぎず、ポルトガルの田舎町を思わせるような素朴で優しい味が楽しめ、大きめにカットしてくれたプリンもペロリと完食できました。
ED75.jpg

パリのレストランは味付けがしっかりしているところが多いのですが、こちらは全体的に薄め、食材の味を生かした味付けになっています。そしてこのレストランは、スタッフのサービスがとても感じがよかったところもポイントが高いです。こまめに声をかけてくれたり、マネージャーさんからのごあいさつがあったり、こういったきめ細やかな心遣いがお食事をさらに楽しいものにしてくれました。こちらのマネージャーさんは某有名星つきレストランでお仕事をされていたそうで、サービスの面ではピカイチでした。

ディナーの時間帯にご利用いただけるJCBスペシャルメニューは、前菜+メイン+デザートの3コースと+グラスワイン1杯(もしくはソフトドリンク)+ハーフボトルのミネラルウォーター+コーヒーまたは紅茶がついて50ユーロ、または上記から前菜を省いた45ユーロのメニューもお選びいただけます。ドリンク付きでこのお値段はオトクですね!
あらかじめ決まったお料理が出てくるので、メニューがわからなくても心配要らないですね。一皿ずつの量は控えめなので、沢山食べられない方も安心してコースが召し上がれます。
また、レストランは正統派フレンチもアラカルトメニューでありました。こちらはボリューム満点。
【アラカルトのお値段の目安】
前菜 18€〜、メイン 26€〜、デザート 12€〜

マイバスから徒歩5分、ツアー後のお食事にいかがでしょうか。雰囲気重視の女性グループやカップルにもお勧めです。ぜひ皆様からのご予約をお待ちしております。

※上の情報は、2016年8月下旬のものであり、メニュー内容や料金などは店舗側の都合により予告なく変更となる場合があります。

【JCB優待内容】
JCBプラザラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター、または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、EUR45またはEUR50のスペシャルディナーメニューをご利用いただけます。
※一部スペシャルメニューの対象とならない日時あり。メニュー内容は季節により変更あり。JCBスペシャルメニューはディナーのみ。他の優待との併用不可。

<EUR45スペシャルディナーメニュー>本日のメイン/本日のデザート/グラスワイン1杯/ハーフボトルのミネラルウォーター/コーヒーまたは紅茶、<EUR50スペシャルディナーメニュー>本日の前菜/本日のメイン/本日のデザート/グラスワイン1杯/ハーフボトルのミネラルウォーター/コーヒーまたは紅茶



La cuisine l’E7(ラ・キュイジーヌ・ルセット)
所在地:39 Avenue de l'Opéra, 75002 Paris
電話番号:01 42 61 56 90
営業時間:12:00〜14:00/19:00〜22:00(月〜金曜日)
定休日:祝日、8月、土・日曜日
※営業時間、定休日は店舗の都合により予告なく変更になる場合あり。
交通手段:メトロ7号線「Pyramides(ピラミッド)駅」より徒歩約5分
posted by マイバス・フランス at 00:41| パリ | Comment(0) | モンサンミッシェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

このJCB優待はすごい・・・。レストラン「LAURENT」

マイバス内JCBプラザスタッフよりレポートをお送り致します。

<感動ポイント・立地と雰囲気>
シャンゼリゼ通りを凱旋門を背にしコンコルド広場方面に進むと、両側に小さな森のような公園があります。本日は左手の公園に隣接する貴族の館レストラン「LAURENT」にJCBスペシャルメニュー(ディナー)を試食しに行ってきました。ミシュラン一つ星です。

レストランは公園を背中に入り口はGABRIEL大通りに面しています。シャンゼリゼから一本北に入っただけなのに、この静けさ、この佇まい、このシックな高級感。それもそのはず、大統領官邸(エリゼ宮)がすぐそこです。
IMG_20160809_184622.jpg

IMG_20160809_184849.jpg

IMG_20160809_192851.jpg

ちょっと緊張しながら瀟洒な洋館のドアを開けると、スタッフが笑顔で迎えてくれました。名前を言うと「JCBからの予約ですね」と確認され、まっすぐ奥のテラス席に案内されました。緑とお花とパラソルと太陽。隠し切れない喜びを抑えながら、カバンを椅子の後ろに置くと、すかさず「こちらをどうぞ」と足元に「カバン置き」を用意してくれました。盗難の多いパリでは、テラス席ではいつもカバンに注意を払う必要がありますが、ここは緑で囲まれたプライベートなお庭なので、カバンも下に置いて、完全にリラックス出来ます。

<感動ポイント・美味しい料理>
さてテーブルに置かれたメニューを開くと日本語の「JCBディナーメニュー」が。運ばれたアミューズをいただきながら、ゆっくり吟味します。
食が細い私は、前菜に店の方が「当店のスペシャリテ」とおすすめ下さった『アーティチョーク・夏のトリュフ』と、メインは『カニ脚のむき身・レモンバターソース』と軽めの料理を選びました。
ひと口大のアーティチョークはとても柔らかく、薄切りのトリュフと、添えられている生ハムと一緒に口に入れてみたところ、塩気がなんとも優雅な按配でした。「夏」を感じる爽やかな一品。

メインのカニは、単純なレモンバター味だからこそ素材の良さが際立ちます。ソムリエ厳選の白ワインとの組み合わせで至福の一品。
デザートは『アプリコットのスフレ』を。

IMG_20160809_200348.jpg

IMG_20160809_204143.jpg

IMG_20160809_222741.jpg

華奢なのにしっかり食べたい同行者は『鴨フォアグラのポワレ』と『鳩肉スモークロースト』に挑戦。デザートは『出来立てバニラアイスクリーム』を。鳩を一口味見させてもらいました。焼き加減をレアで注文していた同行者。おそるおそる口にすると、スモークが利いていて、臭みが全くありません。こういうのを職人技というのでしょうか。ここでは「フランス料理を食べた」感を満喫できること、間違いないようです。

IMG_20160809_200419.jpg

IMG_20160809_204211.jpg

IMG_20160809_222753.jpg

<感動ポイント・ワイン>
ワインは、「JCBスペシャルメニュー」におひとり様あたりハーフボトル、つまり二人連れの場合はボトル1本がつきます。まずソムリエから赤か白かを問われます。私達は選んだメインが「鳩」と「カニ」だったことから決めかねて、「両方少しずつ」とお願いしたところ、きちんと料理に合わせたワインをグラス2杯ずつ(前菜で1杯、メインで1杯)サーブしてくれました。繊細で絶妙なマリアージュになんども唸ってしまいました。プロの仕事です。満足しました。

<感動ポイント・スタッフの気配り>
前菜が終わった頃合に、スタッフから「お寒くないですか」のお声が。そういえば、日も落ちてテラス席もすこ〜し肌寒くなってきました。カーディガンを持ってきてはいましたがパリの夜は思ったよりも冷え込みます。正直に「寒い」と伝えると、なんとショールを持ってきてくれる気の利きようです。写真も撮ってくれたり、スタッフ皆が丁寧かつフレンドリーで、まるで何度も来たことがあるような居心地の良さを提供してくれます。

<感動ポイント・料金>
ところで今日のJCBメニューは全部込みで150ユーロ。
もしJCBメニューではなくアラカルトで注文するとどうなるか、検証してみました。
アーティチョーク=63ユーロ、
カニ=74ユーロ、
スフレ=33ユーロ、
コーヒーと小菓子=8ユーロ、
ここまでの料理合計178ユーロ。
これにグラスワイン3杯飲みました。ミネラルウォーターと最後にハーブティーも飲みました。星付きだと水もグラスワインも安くはないから、え〜と・・・・、え!?JCBメニュー150ユーロってものすご〜く、お得じゃないですか!!!!!
値段の心配することなく、心の底からゆっくり寛いで、話も弾みます。
テラス席に付き物の虫もなんのその、間違いなく素敵なディナー、でした。
心からおすすめいたします。

IMG_20160809_230059.jpg

IMG_20160809_231057.jpg


※上記は2016年8月31日現在のレポートです。メニュー内容や料金は予告なく変更になる事があります。

【JCB優待内容】
JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザ・パリ、JCBプラザコールセンター、または「たびらば」(WEB予約)を通してご予約の場合、EUR150のスペシャルディナーメニューをご利用いただけます。

 <EUR150スペシャルディナーメニュー>前菜/メイン/デザート/ハーフボトルのワイン/ハーフボトルの ミネラルウォーター/コーヒーまたは紅茶(小菓子付き)。
※一部スペシャルメニューの対象とならない日時あり。メニュー内容は季節により変更あり。JCBスペシャルメニューはディナーのみ。

laurent.png
posted by マイバス・フランス at 00:46| パリ | Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。