2015年07月22日

【特別企画】 7月18日 ルーブル美術館スペシャル 『夏』

今年の4月から始まった新企画、高橋保ガイドの案内で行くこちらツアー。

月に1度の催行なので、なかなか都合がつかず、先週の土曜日にようやく参加出来ました。


今月のテーマは『夏』

参加する前にどんな作品を紹介してくれるのか、ちょっと考えてみたのですが・・・

夏、と言えば、一番初めに頭に浮かんだのは、例えば印象派の描く人物画や風景画。

ルノワールの『水浴び』シリーズや、オルセー美術館にあるモネの『日傘の女』、海や自然を描いた、夏の風景画などなど、でもルーブルで夏って???


いったいどんな絵に出会えるのかな、とわくわくしながら高橋ガイドの後を追ってルーブルへ。

逆さピラミッドのある地下の入場口からドゥノン翼を通り、ギリシャ彫刻の並ぶフロアーに到着。

ここで見つけた夏は、彫刻のモチーフになっている夏の果物・野菜・穀物。

絵画でも多くみられたのは、石榴、イチジク、桃など。

DSC_0074.JPG

フランスだと《麦》の季節は秋ですが、イタリア・ギリシャの方では時期が少し早く、夏の穀物だそうです。

しおれたチューリップのような物体が・・・なんと、これは《なつめやし》でした。

参加者で、あれは○○でしょう!、いやこれは○○だ!とかなんとか言いながら大変盛り上がりました。


その後はイタリア・ルネッサンスの宗教画。

季節を限定するのが難しいとされる宗教画ですが、樫の葉(春・夏)、バラ、あとは洞窟、水浴び、昼寝、夜、嵐など、「夏」が表現されている絵画をいくつか説明して頂きました。


また、場所は変わって、イギリス。《神話》が題材になった作品は夏が舞台になっている事が多いと言うことで、リチャード・ダッドの「タイターニアの眠り」を鑑賞。

こちらはシェイクスピアの「真夏の夜の夢」の一場面で穴倉の周りは朝顔と妖精で飾られています。

DSC_0059.JPG


あと、18世紀に描かれたスペイン、イタリアの広場、市場、港など。

DSC_0062.JPG

そしてルーブルでは数少ない生活感の感じられるオランダ、ベルギーの静物画などの絵画を見た後、ドラクロワ作、王政復興を反対した7月革命が描かれた「民衆を率いる自由の女神」でツアーは締めくくられました。

美術館内は暑く、人も多く、という厳しい条件下でしたが、判りやすい内容で新たなルーブルの魅力を発見できる充実感たっぷりの楽しいツアーでした。

来月は8月22日『海』です。高橋ガイドからのコメントはこちらからご覧頂けます。




posted by マイバス・フランス at 17:07| パリ ☁| Comment(0) | モンサンミッシェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

エッフェル塔横にある水上レストラン 「ビストロ・パリジャン」


パリも段々と初夏の陽気となってきました。これからの季節はセーヌ川のクルージングにぴったりです☆
船内でのディナークルージングもいいけれど、もっと気軽に肩を張らずにレストランで食事をして、
クルーズは単体として楽しみたいという方にぴったりなのが、水上レストラン「ビストロパリジャン」です。

マイバス内JCBカードデスクを経由してお申し込みをすると、お得なプランがあるようです。
今日は、そちらをご紹介します。

さて、ビストロ・パリジャンには、
ランチはセルフサービスで前菜、メイン、デザート、ドリンク付のメニュー「ポン・デ・ザール」、
ディナーは前菜、メイン、デザート、それぞれ5〜6品のなかから1品選べるメニュー「ビストロ・デクベルト」があります。シャンパン、ワイン、カフェのドリンク付です。日本語メニューもあるので安心です!

「ビストロパリジャン」の入り口はイエナ橋の下、セーヌ河岸の2番乗り場です。

2番乗り場.JPG

テラスを通って中に入ると右手に受付担当者がいます。そこでまず予約確認書を提示し、JCBカードで支払いを済ませます。今回はクルーズ+食事(前菜、メイン、デザート、ドリンク付) のセルフサービスセット「ポン・デ・ザール」を予約したので、A4サイズの領収書と共に、クルージング券も渡されました。クルージング券はクルーズに乗船する際スタッフに提示するため必ず必要になるので要保管です。

クルージングのタイミングは、クルーズ券に「チケットに書いてある日付から一年間有効」と書いてあったので、予約当日でなくても大丈夫。この日はまずお食事をいただくことにしました。※最初にクルージングをされる方は、お食事の際にレストランン受付にて領収書をご提示ください。※領収書を渡されなかった場合、次のフランス語文章をご提示ください。「La facture S.V.P.(ファクチュール シルブプレ)」

ディナー時は席は選べませんが、ランチタイムは席はどこでも自由に選べます。テラス席ではエッフェル塔を眺めながらお食事ができます。屋根がついている船頭の部分も川沿いで雰囲気がGOOD。今回は階段下の窓辺の席にしました。※セルフサービスで席をお立ちになる際は貴重品を必ずご持参ください☆

テラス席.JPG

受付から下の階へ2.JPG

さて階段を下りると奥にセルフサービスのセットが並んでいます。一番奥まで進み、トレー・ナイフ・フォーク・スプーン、コップをとって、隣の棚から前菜を選びます。この日は全部で8種類ありました。前菜とはいえどれもなかなかしっかりとしたボリュームです。

セルフサービス2.JPG

5.jpg

その隣はデザート棚が2つ。種類も豊富で気分が上がります♪ケーキやフルーツポンチなどが7種類、その他ヨーグルト類が5種類。今回は見た目もかわいい赤いフルーツのケーキにしました。重いかな、と心配しましたが、メレンゲのように軽くて甘みもちょうどよく、おしゃべりしながらあっという間に完食でした☆

ブログデザート2.JPG

飲み物は炭酸系の飲み物、缶ビール(一番右棚のワイン・ロゼ・シャンパンは対象外)がセット料金に含まれています。

そして最後に給仕係りの方に自分がほしいメインと添え野菜を注文します。ほしいものを指差して、「シルブプレ(ください)」と言えば大丈夫。前に並んでいた子供たちに続き、なんだか学校の給食を思い出し懐かしくなりました!

料理メイン.JPG

子羊の煮込み料理とモヤシ入り野菜炒めのようなものを注文しました。このお肉が想像以上にホロッホロで柔らかく、臭みも全くなくて、おいしかったです☆ ※ラザニアは添え野菜をつけることはできません。
横にはお飲み物の追加分(ワイン・ロゼ・シャンパン)がある方用のレジと、自由に取れるパンが置いてあります。レジにて領収書をご提示ください。

お食事内容.JPG


エッフェル塔界隈にて気軽に入れる貴重なレストラン。
この夏、是非ご利用になってみてはいかがでしょうか。

【JCB優待内容】
JCBプラザ・パリ、JCBプラザ ラウンジ・パリ、JCBプラザコールセンター(日本)を通して予約のうえ、JCBカードで支払うとJCB優待料金で利用できます。
ランチ「ポン・デ・ザール」前菜、メイン、デザートとドリンク(ソフトドリンクとビール)
:クルーズ+お食事 31EUR (12歳未満13.50EUR)、お食事のみ 24EUR(12歳未満10EUR)
ディナー「ビストロ・デクベルト」前菜、メイン、デザートとドリンク(シャンパン、ワイン、カフェまたは紅茶)
:クルーズ+お食事 43EUR 、お食事のみ 36EUR
※予約なしでのご来店の場合、席があれば入店可能ですが、「ポン・デ・ザール」コースはドリンクなし、「ビストロ・デクベルト」コースはアラカルト注文のみとなります。また、JCB優待は適用できません。

詳細はこちらをご覧ください☆→ http://tabilover.jcb.jp/fra/staff/shop_info/cat2/post-43.html

ビストロ・パリジャン/ Bistro Parisien
Au pied de la Tour Eiffel – port de lqBourdonnqis 75007 Paris  Tel 01-7664-1454
<ランチ> 11h30 – 16h00  <ディナー>18h30 / 21h00  <定休日>無し
<交通手段> メトロ6号線「Bir– Hakeim/ ビル・アケイム」駅、9号線「Trocadéro/トロカデロ」駅、RER C線「Champs de Mars/シャン・ド・マルス」駅から徒歩10分
<ドレスコード> 無し

※上の情報は、2015年7月上旬のものであり、内容は予告なく変更となる場合があります
posted by マイバス・フランス at 22:03| パリ ☀| Comment(0) | パリのレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。